賃貸へ引っ越すための情報

HOME | SITEMAP

トップ » 賃貸で送る楽しい生活

新着情報

過去の情報一覧

賃貸でアパート等を借りるとき

1人暮らしや新婚、転勤などでアパート等を借りて住む場合気をつけて決めなければならない点があります。まず、自分の収入などを比べ家賃を支払う事が出来るのかということです。また自分が住むところが、自分の形態にあっているかも必要です。1人暮らしなら、1人暮らし対応の部屋、家族で住むなら、ファミリーが住んでいるような部屋など自分にあった形態のアパートでなければトラブルもおきてしまいます。賃貸の良い所は、家族が増えたり転勤で移動や、何かトラブルがあったときは引越しができる点です。楽しい賃貸生活をぜひおくって下さい。

賃貸物件 居住期間と選び方

家を借りるときは、家賃のほかに敷金礼金や仲介手数料などの諸費用が掛かります。敷金礼金がそれぞれ家賃の二カ月分、契約期間は2年で、更新の時に更新手数料1カ月分というのが一般的でした。 しかし、不動産投資ブームで貸家の供給が増えて競争が進んだ結果、賃貸契約の条件が多様化しています。 たとえば、礼金が要らない物件や、時には敷金もいらない物件さえあります。 居住期間があらかじめ決まっている場合、家賃が少し高くても、諸費用を含む賃貸期間中の総支払額は逆転することもあるので、家賃以外の条件も総合的に判断しましょう。

© Copyright 賃貸に住むメリットとは. All rights reserved.